コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島嘉右衛門 タカシマカエモン

7件 の用語解説(高島嘉右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たかしま‐かえもん〔‐カヱモン〕【高島嘉右衛門】

[1832~1914]実業家・易断家。常陸の人。号、呑象(どんしょう)。横浜で材木商・建築請負業などを営む。東京・横浜間の鉄道・国道工事に尽力。易学を研究し、「高島易断書」を著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高島嘉右衛門【たかしまかえもん】

幕末・明治維新期の実業家。学家としては呑象と号す。江戸の材木商の子として生まれ,横浜での外国貿易で金銀貨の売買を扱ったとして入獄,易書を学ぶ。維新後,1871年に私塾の藍謝堂(のち高島学校)を開設するとともに,京浜間の鉄道敷設や道路の開設,横浜のガス灯建設などにも関与。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島嘉右衛門 たかしま-かえもん

1832-1914 幕末-大正時代の実業家,易学家。
天保(てんぽう)3年11月1日生まれ。横浜で貿易店をひらき,幕府禁制品売買の罪で入獄。慶応元年出獄後,土木建築業などをいとなみ,明治25年北海道炭礦鉄道社長。また易の研究にうちこみ,「高島易断」を刊行。大正3年11月14日死去。83歳。江戸出身。号は呑象(どんしょう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高島嘉右衛門

没年:大正3.11.14(1914)
生年:天保3.11.1(1832.11.22)
幕末明治期の実業家,易断家。幼名清三郎,号は 呑象。高島嘉兵衛,くにの長男として江戸三十間堀(東京都中央区銀座)に生まれ,家業の建築請負業,材木商に従事する。安政6(1859)年横浜に物産店を開くが,万延1(1860)年貨幣密売の禁を犯し,慶応1(1865)年まで獄中生活を送る。獄中で『易経』を得,易を研究する。出獄後,横浜で建築請負業,材木商を営み,英国公使館の建設を請け負うなどし,巨額の富を築く。明治初年には旅館業,廻船業を営むほかに,横浜―神奈川間の埋め立て(現西区高島),横浜瓦斯局の設立などの事業に取り組んだ。さらに4年高島学校を創設し,福沢諭吉の招聘を試みるが果たせず,福沢の弟子たちが派遣され,外国人と共に教育に当たった。7年高島学校焼失。9年には実業界を引退し,『高島易断』の執筆にいそしむが,再び実業界に転じ,25年北海道炭礦鉄道会社社長,36年東京市街電気鉄道会社社長を歴任した。<参考文献>植村澄三郎『呑象高島嘉右衛門翁伝』

(米山光儀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たかしまかえもん【高島嘉右衛門】

1832‐1914(天保3‐大正3)
幕末・維新期の実業家,易学家。江戸三十間堀材木商の子として生まれる。のち,横浜太田町に商店を開き外国貿易を企てたが,幕府の禁令にふれ,一時入獄。このとき易書をたしなむ。明治維新後,1870年より新橋~横浜間の鉄道や道路の開設に当たり,また横浜のガス灯の設置や埋立事業にも関係した。この間,71年には3万円を投じて,私塾藍謝堂(のちの高島学校)を開設した。その後,92年北海道炭礦鉄道会社社長に就任,また石狩十勝地方に高島農場を開拓するなど,多くの会社の経営者を兼ねて活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかしまかえもん【高島嘉右衛門】

1832~1914) 実業家・易断家。茨城県の人。実業に従事していたが、のち財界から退いて吞象どんしようと号し、易学を学び、「高島易断」を著した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高島嘉右衛門
たかしまかえもん
(1832―1914)

実業家、易断家。建築請負、材木商嘉兵衛の六男として江戸・三十間堀に生まれる。少年のころから商才を示し、材木商を開業、巨利を占めたともいわれる。幕末の開港後、横浜で貿易店を開くが、禁制に触れ投獄され、その間易学に親しんだ。釈放後は横浜に定住し、土木建築請負を中心に各種事業を営むかたわら、洋式教育の高島学校を設立した。編著『高島易断書』は呑象(どんしょう)の号とともに有名である。[浅野俊光]
『『呑象高島嘉右衛門翁伝』(1914・同書刊行会) ▽『高島嘉右衛門自叙伝』(1917・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高島嘉右衛門の言及

【易者】より

…法的には規制はなく,大道易者も道路交通法の取締りの対象となっているだけである。実業家の高島嘉右衛門(呑象,1831‐1914)は易断の権威であり,その系統は高島易断所を呼称している。人相学【遠藤 元男】。…

※「高島嘉右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高島嘉右衛門の関連キーワード小泉迂外易断実業家大原孝四郎野村治三郎曲田成松田清三郎三井高喜安川清三郎山本清三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高島嘉右衛門の関連情報