コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷直行 くまがい なおゆき

3件 の用語解説(熊谷直行の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

熊谷直行

実業家。薫香と文房具の老舗、京都鳩居堂の主人。古美術、主に古筆の蒐集に努める。明治40年(1907)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷直行 くまがい-なおゆき

1843-1907 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)14年6月4日生まれ。熊谷直孝(なおたか)の長男。京都の筆墨・香商鳩居(きゅうきょ)堂の8代当主。筆墨製造を研究して事業化に成功し,明治13年東京銀座に支店をだす。小学校建設の意義をうったえ,民間産業を奨励するなどの社会活動にもつくした。明治40年3月17日死去。65歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

熊谷直行

没年:明治40(1907.3.17)
生年:天保14.6.4(1843.7.1)
明治期の実業家。京都の香商鳩居堂8代目当主。香具屋久兵衛とも称す。祖父直恭,父直孝と同様に熱心な社会活動派で,維新期から明治にかけて社会改革に取り組んだ。明治1(1868)年には早くも建白書を有志と共に京都府に提出し,国民教育の重要性を指摘して小学校建設の意義を訴えた。このときには詳細な仕法書を作成し,その経営の目論見(計画書)を提案している。勧業事業についても民産勧奨の立場から,「市中小前ノ者引立世話役頭取」として商法会社詰となり,三井元之助らの実業家と共に活躍した。中国の墨の販売を契機に文具の普及にも努め,明治13年東京銀座に鳩居堂の支店を開いた。

(森谷尅久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊谷直行の関連キーワード実業家安達安子今井清次郎小野善助熊谷直孝(1)熊谷蓮心内貴清兵衛西村治兵衛野村治三郎三浦芳治郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone