コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱ルミネセンス法 ねつルミネセンスほう thermoluminescent dating

1件 の用語解説(熱ルミネセンス法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱ルミネセンス法
ねつルミネセンスほう
thermoluminescent dating

熱ルミネセンスの現象を利用した年代測定法。この年代測定法は,岩石に利用されていたが,1960年 E.J.ケネディが初めて土器に応用した。土器に含まれている放射性元素の発する放射線の量,土器を加熱して発する光の量,その後一定量の放射線を照射してから再び加熱して発する光の量を測定し,これらの測定値から土器の年代を計算する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熱ルミネセンス法の言及

【年代決定法】より

…放射性元素の崩壊は周囲の環境の影響を受けないので,信頼性の高い年代を与える(放射年代)。(b)熱ルミネセンス法 放射線の照射を受けると原子中の電子は安定軌道からエネルギー準位の高い軌道に遷移する。原子が数百℃に熱せられると電子は安定軌道に戻り,そのとき微弱な光を発する。…

※「熱ルミネセンス法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱ルミネセンス法の関連キーワード熱ルミネセンス光ルミネセンス摩擦ルミネセンス年代測定法X線ルミネセンス音化学ルミネセンス音ルミネセンス電界ルミネセンス熱ルミネセンス線量計ラジオフォトルミネセンス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone