熱海殺人事件

デジタル大辞泉プラス「熱海殺人事件」の解説

熱海殺人事件

つかこうへいによる戯曲初演は、劇団文学座(1973年)。1974年、清水邦夫の『ぼくらが非情の大河をくだる時』とともに、第18回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)を受賞。受賞時の年齢25歳は、その段階での岸田賞史上最少齢。その後つか自身により小説化。映画化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android