熱田玄庵(読み)あつた げんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熱田玄庵 あつた-げんあん

1803-1848 江戸時代後期の医師。
享和3年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)の鷲見道賢,紀伊(きい)那賀郡(和歌山県)の華岡青洲にまなぶ。大坂で青洲の弟の跡をつぐが,のち郷里下総(しもうさ)匝瑳(そうさ)郡(千葉県)で開業。藤田東湖,宮本茶村らと親交があった。門人の祐庵を養子とした。弘化(こうか)5年1月22日死去。46歳。名は皐。別号白洲

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android