コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱磁気効果 ネツジキコウカ

デジタル大辞泉の解説

ねつじき‐こうか〔‐カウクワ〕【熱磁気効果】

金属や半導体温度勾配があって熱流があるとき、外部から磁場をかけると電位差温度差が生じる現象。熱流磁気効果。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

熱磁気効果【thermomagnetic effect】

一様な組成の金属棒の両端に温度差を与えると,高温端から低温端へと熱が流れるが,これに直角方向に磁場をかけたときにみられる現象を熱磁気効果という.これには縦ネルンスト効果*横ネルンスト効果*熱磁気横効果*リーギ‐ルデュック効果*),熱磁気縦効果*マギ‐リーギ‐ルデュック効果*)の4種類が含まれる.通常は熱流の向きx 軸,磁場の向きを z 軸方向として,電位差などの向きを添え字をつけて表す.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱磁気効果
ねつじきこうか

熱流磁気効果」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

熱磁気効果の関連キーワードマギ‐リーギ‐ルデュック効果ホイリンガーの式縦ネルンスト効果横ネルンスト効果熱磁気横効果熱磁気縦効果

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android