熱磁気効果(読み)ねつじきこうか

法則の辞典の解説

熱磁気効果【thermomagnetic effect】

一様な組成の金属棒の両端に温度差を与えると,高温端から低温端へと熱が流れるが,これに直角方向に磁場をかけたときにみられる現象を熱磁気効果という.これには縦ネルンスト効果*横ネルンスト効果*熱磁気横効果*リーギ‐ルデュック効果*),熱磁気縦効果*マギ‐リーギ‐ルデュック効果*)の4種類が含まれる.通常は熱流の向きx 軸,磁場の向きを z 軸方向として,電位差などの向きを添え字をつけて表す.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android