コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱解離 ねつかいり thermal dissociation

4件 の用語解説(熱解離の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱解離
ねつかいり
thermal dissociation

加熱することによって物質が2つ以上の物質に解離する現象。たとえば N2O4⇔2NO2 ,NH4Cl⇔NH3+HCl ,PCl5⇔PCl3+Cl2 などがある。一般に,高温ほど解離が著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐かいり【熱解離】

温度の上昇によって起こる解離塩化アンモニウムを加熱するとアンモニア塩化水素に可逆的に分解するなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熱解離【ねつかいり】

加熱によって進行する解離をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ねつかいり【熱解離】

温度の上昇によって分子などが分解し、温度が下がれば逆反応によってもとの分子に戻る反応。例えば、塩化アンモニウムは加熱によりアンモニアと塩化水素とに分解するが、これを冷却すれば塩化アンモニウムに戻る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熱解離の言及

【解離】より

…可逆的な分解反応により分子がいくつかの部分に分かれることをいう。一般に安定な分子の解離には外部から熱や光などエネルギーを供給することが必要で,それぞれ熱解離,光解離などと呼ばれる。解離に必要なエネルギーを解離熱あるいは解離エネルギーといい,たとえば,二原子分子の塩素Cl2,水素H2,酸素O2,窒素N2の解離熱はそれぞれ243,436,495,942kJ/molで,解離熱が小さいものほど解離しやすい。…

※「熱解離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱解離の関連キーワード温度感覚温度差輝度温度金属温度計実効温度熱力学温度Q10値タンマン温度デバイのT3法則ホプキンソン効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone