コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電能 ねつでんのうthermoelectric power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電能
ねつでんのう
thermoelectric power

熱電率ともいう。2種の異なる金属または半導体AとBを接合して閉回路をつくり,2つの接合点間に温度差 ΔTT1T2 を与えると,熱起電力が生じる。材料Aは熱電効果をまったく示さない仮想金属とし,温度差 ΔT=1K を与えたときの熱起電力を材料Bの熱電能 (絶対熱電能) という。実用的には,材料Aに鉛や銅を標準材料として用いたときの熱起電力を用い,これを相対熱電能という。テルル化ビスマス Bi2Te3 ,セレン化ビスマス Bi2Se3 ,テルル化鉛 PbTe ,セレン化鉛 PbSe など重い原子より成る固体が高い値をもつ。p 型テルル化ビスマスの熱電能は +236μV/K に及ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

熱電能の関連キーワードホイリンガーの式ゼーベック効果ペルチエ効果トムソン効果ゼーベック熱電素子熱電冷却熱電列

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android