コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆鳴気 バクメイキ

デジタル大辞泉の解説

ばくめい‐き【爆鳴気】

水素2容積と酸素1容積との混合気体。点火すると爆音を発して反応し、大量の熱を発する。水素爆鳴気(酸水素爆鳴気)ともいう。同様に塩素と水素各1容積の混合気体でも起こり、塩素爆鳴気という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

爆鳴気【ばくめいき】

狭義には,水素2容積と酸素1容積との混合気体。点火すると爆音を発して反応し水となり,多量の熱を発生する。塩素1容積と水素1容積の混合気体も点火すると同じように爆発するので,爆鳴気と呼ぶことがある。
→関連項目水素

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばくめいき【爆鳴気】

水素二体積と酸素一体積との混合気体(水素爆鳴気)。点火すると、爆音を発して化合し、水を生ずる。その際、多量の熱を発する。また、水素一体積と塩素一体積との混合気体(塩素爆鳴気)も、同様にして塩化水素を生ずる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爆鳴気
ばくめいき
detonating gas

一般に点火すると急激に反応し、熱や光とともに爆音を発するような混合気体をいう。水素2容積と酸素1容積との混合ガスをいうことが多い。とくに酸水素爆鳴気ともいう。この気体に点火すると轟音(ごうおん)を発して爆発し、化合して水蒸気を生成し、多量の熱を発生する。水蒸気1モルが生成するとき、計算上では58.3キロカロリーの熱を発生して温度は4000℃以上に、また圧力は10気圧以上になる。塩素と水素の一対一混合ガスも点火すると同じように爆発するので塩素爆鳴気とよばれている。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の爆鳴気の言及

【連鎖反応】より

…塩素と水素の反応では連鎖の長さは104~106に達する。水素と酸素の2:1の混合気体は爆鳴気detonating gasと呼ばれ,点火により反応は爆発的に進行する。この反応は次のような経路で進む典型的な連鎖反応である。…

※「爆鳴気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

爆鳴気の関連キーワード福島第一原子力発電所事故ユージオメータードレイパー効果シクロプロパン二硫化炭素水素爆発連鎖反応塩化水素水蒸気

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android