コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

父の恩 ちちのおん

世界大百科事典 第2版の解説

ちちのおん【父の恩】

俳優追善絵入句集。市川三升(2世市川団十郎)編。美濃判大。2巻2冊。1730年(享保15)2月刊。英一蜂,小川破笠画。書名は〈写し得よ日影も遅々の恩重経〉という2世団十郎の句に拠る。2世団十郎が初世団十郎の二十七回忌追善のために刊行したもので,追善の和歌,発句連句,漢詩などを収めるが,むしろ本書の中核は当時の物故俳優65人の舞台姿,追善句,戒名,菩提寺,没年月日,特色などを記した部分で,当時の忌辰録的価値がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

父の恩の関連キーワード市川団十郎(2代)英一蜂(初代)朝川善庵平重盛歌行灯父の日高い君父石崇沈括迷廬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

父の恩の関連情報