コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

父と子 ちちとこOttsy i deti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

父と子
ちちとこ
Ottsy i deti

ロシアの作家 I.ツルゲーネフ長編小説。 1862年発表。農奴解放前後の時代を背景に,女地主オジンツォーワとバザーロフの不毛の愛,あるいはアルカージーとカテリーナとの恋愛を軸に,父子世代の断絶を描き,新旧文化の対立,宗教,哲学,芸術など自然科学以外の価値の一切を否定する若いニヒリストの思想と行動を描いた作品。

父と子
ちちとこ
Father and Son

イギリスの批評家 E.ゴスの自伝的小説。 1907年刊。 19世紀なかばに残存していた宗教的狂信実態を克明に記述したことと,偏狭ながらもいちずに精進する父親の姿を,平静で節度のある筆致ユーモアを交えつつ描き出している点で,異色な作品となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちちとこ【父と子】

《原題、〈ロシア〉Ottsï i detiツルゲーネフの長編小説。1862年刊。ニヒリストのバザーロフを主人公に、古い道徳・習慣・信仰に生きるの旧世代と、それらを否定する子の新世代との思想的対立を描く。この作品によってニヒリズムニヒリストの語が一般化した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

父と子【ちちとこ】

ツルゲーネフの小説。《Ottsy i deti》。1862年刊。ロシア農奴解放前後の新旧世代の思想的対立を描き,若い世代の代表者として登場させた主人公バザーロフをニヒリスト(虚無主義者)という新語で呼んで激しい賛否の論議を巻き起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちちとこ【父と子 Ottsy i deti】

ロシアの作家ツルゲーネフの長編小説。1862年発表。父の世代である1840年代の理想主義者たちの観念の世代と,子の世代である60年代の唯物論者たちの行動の世代の相克,新旧時代の断絶という永遠に新しい主題を追求した作品。61年の農奴解放後の変動期,作者は神を科学におきかえた唯物論者,過去のいっさいの権威の否定から新時代ははじまるとするニヒリストのバザーロフという。時代に先んじた強い形象をつくり出し,60年代には父たちは歴史の背景へおしやられ,ロシア社会改革のためにはバザーロフたちの雑階級知識人,行動の世代のエネルギーが必要であることを,この作品ではっきり認めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちちとこ【父と子】

ツルゲーネフの長編小説。1862年刊。自然科学以外のあらゆる既成の権威を否定するニヒリストのバザーロフとロマンチックな旧世代との対立を通して、農奴解放前後のロシアの変動する姿を描く。「ニヒリスト」という言葉を流布させた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

父と子
ちちとこ
Отцы и дети Otts i deti 

ロシアの作家ツルゲーネフの長編小説。1862年刊。60年代における父と子との世代の対立を描く。若き医学生バザーロフは既成の権威をすべて否定する「ニヒリスト」である。彼は芸術も哲学も宗教も認めない。科学的にその真理性が実証できないからである。40年代の知識人でリベラリストのパーベル・キルサーノフは、自分たちの世代の世界観を根底から覆そうとする現代青年バザーロフを憎み、彼と鋭く対立する。バザーロフは農奴解放後に平民のなかから出てくる行動的知識人の典型である。作者はこのニヒリストのうちに革命家をみた。[佐々木彰]
『『父と子』(金子幸彦訳・岩波文庫/佐々木彰訳・講談社文庫) ▽アイザィア・バーリン著、小池訳『父と子』(1977・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の父と子の言及

【ツルゲーネフ】より

…長編第1作《ルージン》(1856)で典型的な〈余計者〉を形象化するなかで,1840年代の理想主義者たちの社会的役割を歴史に定着させ,以後変動する時代のロシア知識人の精神史を書くことを文学的使命とした。《貴族の巣》(1859)で郷愁と詩情をこめて滅びゆく貴族文化に挽歌を捧げ,《その前夜》(1860)でロシアの未来を担うのは雑階級の知識人であることを予告し,《父と子》(1862)で40年代の観念の世代と60年代の行動の世代の相克を描き,神を科学におきかえたニヒリスト,バザーロフという強い形象をつくり出し,ロシアの改革には彼らの力が必要であることを認めた。《けむり》(1867)で改革のから騒ぎへの幻滅を示し,《処女地》(1877)で〈民衆の中へ〉の運動の悲劇を書いた。…

【ニヒリズム】より

…そのことを彼は1826年ミュンヘン大学創設のさいの演説の中で述べた。 だがニヒリズムという語が一般に普及しはじめたのは,ツルゲーネフの小説《父と子》(1862)でニヒリスト(虚無主義者)という表現が用いられたことによってだといわれる。この小説では,急進的インテリゲンチャのバザーロフがその学友アルカージーによってニヒリストと呼ばれている。…

【ラズノチンツィ】より

…レーニンはロシア革命運動の中で,貴族とプロレタリアの革命家をつなぐ第2世代としてラズノチンツィの革命家(ベリンスキー,チェルヌイシェフスキー,ドブロリューボフたち)を指摘した。1861年の農奴解放前後のラズノチンツィ・インテリゲンチャの姿は,ツルゲーネフの小説《父と子》(1862)の主人公バザーロフに最もよく描かれている。彼らの多くは自然科学を学び,貴族的,理想主義的,観念論的な旧世代とその価値を否定した。…

※「父と子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

父と子の関連キーワードグスターフ・アフ イェイイェルスタムエウセビオス[カエサレアの]キュリロス[エルサレムの]きは なんにも いわないのテリンス・M. ラティガンシメオン・ポロツキーゲオルギイ マルコフカラマーゾフの兄弟エドマンド ゴスパターナリズムボールドウィン番匠谷 英一フィリオクエホモウシオスニカエア信条ニカイア信条半アリウス説ロシア報知明石 敏夫奈良岡朋子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

父と子の関連情報