爻辞(読み)こうじ

占い用語集「爻辞」の解説

爻辞

卦を構成する各爻それぞれについて384通りの説明をしているもの。諸説色々あるが、一説では周王朝(紀元前12世紀)の開祖である文王が「卦辞」を作り、息子周公が「爻」を作ったとされる。「卦辞」「爻辞」「十翼」をまとめて「易経」という。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

普及版 字通「爻辞」の解説

【爻辞】こう(かう)じ

六十四卦、各卦に六爻があり、各爻にその辞がある。〔易、、初九〕潛なり。用ふること勿(なか)れ。〔文言伝〕子曰く、にして隱れたるなり。〔〕此れ第二、初九の爻辭を釋するなり。

字通「爻」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android