コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片寄平蔵 かたよせ へいぞう

2件 の用語解説(片寄平蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片寄平蔵 かたよせ-へいぞう

1813-1860 江戸時代後期の商人。
文化10年2月15日生まれ。叔父片寄利兵衛の養子。材木商で常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩の用達をつとめる。江戸滞在中,黒船をみて石炭ではしることを知る。安政2年(1855)陸奥(むつ)磐前(いわさき)郡(福島県)白水村で石炭の露頭を発見。6年横浜で石炭商をひらいた。万延元年8月3日死去。48歳。陸奥磐城(いわき)郡(福島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

片寄平蔵

没年:万延1.8.3(1860.9.17)
生年:文化10.2.15(1813.3.17)
幕末の常陸笠間藩(茨城県)の御用商人,常磐炭鉱事業の開発者のひとり。品川沖の黒船を見,燃料が石炭であることを知る。安政2(1855)年炭田を発見し,採掘。幕府軍艦操練所御用達。横浜に「石炭屋」を経営。孫の唯助は官軍大総督府石炭御用達を務めた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片寄平蔵の関連キーワード五箇所商人江戸棚伊藤一清伊藤板渓得閑斎(初代)西川屋茂平林鉄元耳依天具知山根輝実和琢舎綾丸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone