コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片寄平蔵 かたよせ へいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片寄平蔵 かたよせ-へいぞう

1813-1860 江戸時代後期の商人。
文化10年2月15日生まれ。叔父片寄利兵衛の養子。材木商で常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩の用達をつとめる。江戸滞在中,黒船をみて石炭ではしることを知る。安政2年(1855)陸奥(むつ)磐前(いわさき)郡(福島県)白水村で石炭の露頭を発見。6年横浜で石炭商をひらいた。万延元年8月3日死去。48歳。陸奥磐城(いわき)郡(福島県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

片寄平蔵

没年:万延1.8.3(1860.9.17)
生年:文化10.2.15(1813.3.17)
幕末の常陸笠間藩(茨城県)の御用商人,常磐炭鉱事業の開発者のひとり。品川沖の黒船を見,燃料が石炭であることを知る。安政2(1855)年炭田を発見し,採掘。幕府軍艦操練所御用達。横浜に「石炭屋」を経営。孫の唯助は官軍大総督府石炭御用達を務めた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

片寄平蔵の関連キーワードペグマタイトオブレノビチ家万延第二帝政ラトビアアドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone