コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山久安 カタヤマヒサヤス

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山久安 かたやま-ひさやす

1575-1650 織豊-江戸時代前期の剣術家。
天正(てんしょう)3年生まれ。抜刀術を林崎重信(一説伯父の松庵)にまなび,片山伯耆(ほうき)流の祖となる。関白豊臣秀次にまねかれ,剣術をおしえる。慶長15年(1610)後陽成(ごようぜい)天皇の詔をうけて参内,剣技を評価され,伯耆守に任じられた。慶安3年3月7日死去。76歳。通称は藤次郎,勝次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたやまひさやす【片山久安】

安土桃山時代の剣客。片山伯耆ほうき流の祖。伯耆守。関白豊臣秀次に教授。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

片山久安の関連キーワード安土桃山時代成田重成天正剣客

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android