片桐為次(読み)かたぎり ためつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐為次 かたぎり-ためつぐ

1641-1655 江戸時代前期の大名。
寛永18年生まれ。片桐為元の長男。承応(じょうおう)3年(1654)父の跡をつぎ,大和(奈良県)竜田(たつた)藩主片桐家4代となるが,明暦元年11月6日死去。15歳。通称は助作。跡継ぎがないため同藩は廃絶されたが,弟の且昭(かつてる)が家名をついで旗本寄合となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android