コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛の舌 ウシノシタ

デジタル大辞泉の解説

うし‐の‐した【牛の舌】

カレイ目ウシノシタ亜目の海水魚の総称。水底の砂泥中にすみ、体は扁平で、口が鉤(かぎ)形に曲がっている。両眼はウシノシタでは左側に、ササウシノシタでは右側にある。世界の温帯から熱帯に分布。食用。→舌鮃(したびらめ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うしのした【牛の舌】

カレイ目ウシノシタ科とササウシノシタ科の海魚の総称。全長10~35センチメートル。体は平たくて長楕円形、目が小さく口は鉤かぎ状に曲がる。アカシタビラメ・クロウシノシタなどウシノシタ科では両眼が体の左側にあり、大形のものが多く食用とされる。シマウシノシタ・ササウシノシタなどササウシノシタ科では両眼が体の右側にある。北日本以南の沿岸海底に分布。クツゾコ。ベタ。 → シタビラメ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

牛の舌 (ベコノシタ)

植物。サトイモ科の抽水性多年草,高山植物,園芸植物,薬用植物。ミズバショウの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

牛の舌の関連キーワードストレプトカープス舌鮃・舌平目カンゾウタケタンシチューシタビラメドイツ料理追分羊羹九段線牛タン安永餅隠語タン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛の舌の関連情報