コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛大夫 うしだゆう

1件 の用語解説(牛大夫の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

牛大夫

生年:生没年不詳
室町前期の能役者。法名牛阿。応永29(1422)年4月18日醍醐清滝宮の祭礼で「牛入道」が観世入道(世阿弥)と共に三郎元重(音阿弥)の後見をしており(『満済准后日記』),観世座付きの役者であったらしい。舞台で鼻をかんでからおもむろに演技に入ったというエピソードは有名である(『申楽談儀』)。笛も得意としていたらしく,観世方の笛の名人「ちがひ」の師匠とされており(『四座役者目録』),笛方の祖とも呼ぶべき存在でもあった。<参考文献>香西精「牛大夫と牛熊」(『続世阿弥新考』)

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛大夫の関連キーワード能役者観世元重道阿弥牛太夫大蔵庄左衛門金剛正明金春勝国金春豊氏金春元信道阿弥(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone