コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音阿弥 おんあみ

9件 の用語解説(音阿弥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音阿弥
おんあみ

[生]応永5(1398)
[没]応仁1(1467)
室町時代前期の能役者。名は三郎元重。世阿弥の甥にあたり,世阿弥の子元雅の死後将軍足利義教の寵を受けて,4世観世太夫として活躍。晩年にも義政の庇護のもとに,後小松院の御所での演能などにすぐれた芸を見せた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おんあみ【音阿弥】

連声(れんじょう)で「おんなみ」とも》観世元重(かんぜもとしげ)の法名。

おんなみ〔オンアミ〕【音阿弥】

おんあみ(音阿弥)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

音阿弥【おんあみ】

室町時代の能の名人。〈おんなみ〉とも。通称三郎,実名元重。観阿弥の孫,世阿弥の甥(おい)。観世流4世(観世家では3世と数える)の大夫。足利義教・義政の後援を得て,世阿弥・元雅父子の一座を圧倒した。
→関連項目観世信光観世元雅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

音阿弥 おんあみ

1398-1467 室町時代の能役者。
応永5年生まれ。世阿弥の弟四郎の子。将軍足利義教(よしのり)の寵愛を受け,永享2年醍醐(だいご)清滝宮の楽頭職につく。世阿弥の長男元雅の若死にで,5年観世大夫となり,糺(ただす)河原勧進猿楽を上演した。長禄(ちょうろく)2年に出家し,長男政盛に大夫職をゆずった。文正(ぶんしょう)2年1月2日死去。70歳。名は元重。通称は三郎。「おんなみ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

音阿弥

没年:応仁1.1.2(1467.2.6)
生年:応永5(1398)
室町中期の能役者。スーパースターの3代目観世大夫で,観世座隆盛の礎を築いた。実名元重。通称三郎。世阿弥の弟四郎の子ながら,世阿弥と同じ三郎を名乗っており,一時は世阿弥の養子だったらしい。将軍になる以前の足利義教に贔屓され,義教が将軍となってからは強力な後援を得て,世阿弥やその長男観世元雅を圧倒した。元雅が早世した翌年の永享5(1433)年に観世大夫となり,将軍主催の新大夫披露の勧進猿楽が糺河原で催された。義教の急死後,一時苦境に立ったが,足利義政の後援を受け第一人者の地位はゆるがなかった。60歳ごろ出家して音阿弥(「おんなみ」とも呼ぶ)と称し,大夫を長男政盛に譲るが,寛正5(1464)年の糺河原勧進猿楽でも3日間で12番の能のシテを勤めるなど活躍ぶりは衰えなかった。能作や伝書の著述などしない根っからの芸人だが,能の普及に果たした功績は大きい。

(松岡心平)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おんあみ【音阿弥】

1398‐1467(応永5‐応仁1)
大和猿楽観世座のシテ役者で3代目の観世大夫。通称三郎,実名元重(もとしげ)。当時は座名が姓同様に通用しており,観世三郎元重と呼ぶのが妥当であるが,現今は観阿弥・世阿弥と並べて,法名の音阿弥(通常はおんなみ)で呼ばれることが多い。世阿弥の弟の四郎の子で観阿弥の孫。世阿弥の通称三郎を襲名しており,一時は世阿弥の養子だったらしい。応永20年代から活動記録があり,1427年(応永34)には青蓮院門跡義円(足利義満の子)の後援で勧進猿楽を興行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんあみ【音阿弥】

1398~1467) 室町前期の能役者。名は元重、通称三郎。世阿弥の甥。観世座三代目大夫とするが、実は四代目。足利義教・義政の庇護をうけ、観世座の勢力をいっそう確立させた。おんなみ。

おんなみ【音阿弥】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の音阿弥の言及

【世阿弥】より

…1422年ころ60歳前後で世阿弥は出家し,観世大夫の地位を子の観世元雅に譲った。引退したわけではなく,出家後も能を演じ,元雅や次男の七郎元能や甥の三郎元重(のちの音阿弥)らの教導にも熱心だった。子弟の成長で観世座は発展の一途をたどり,彼自身の芸も円熟の境に達し,出家前後が世阿弥の絶頂期であったろう。…

【音阿弥】より

…通称三郎,実名元重(もとしげ)。当時は座名が姓同様に通用しており,観世三郎元重と呼ぶのが妥当であるが,現今は観阿弥・世阿弥と並べて,法名の音阿弥(通常はおんなみ)で呼ばれることが多い。世阿弥の弟の四郎の子で観阿弥の孫。…

※「音阿弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

音阿弥の関連キーワードスーパーストアジーザス・クライスト・スーパースタースーパースーパースタースーパー3Gエネルギースーパーたじまキャスター・スーパーマイルドキャスター・スーパーマイルド・ボックス滋賀スーパースターズスーパースター王座決定戦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音阿弥の関連情報