コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧園茅山 まきぞの ぼうざん

1件 の用語解説(牧園茅山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧園茅山 まきぞの-ぼうざん

1767-1836 江戸時代中期-後期の儒者。
明和4年1月10日生まれ。竹田梅廬(ばいろ),亀井南冥(かめい-なんめい)に儒学を,村上左冲に医学をまなぶ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩につかえ,文政7年藩校伝習館の創設とともに助教となった。天保(てんぽう)7年5月15日死去。70歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。名は瀦。字(あざな)は大野。通称は進士(のぶこと)。著作に「行在或問(あんざいわくもん)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧園茅山の関連キーワードマイソール戦争川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子桂川甫筑本居春村郡内騒動天保の飢饉ニコライ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone