牧瀬菊枝(読み)まきせ きくえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧瀬菊枝 まきせ-きくえ

1911- 昭和-平成時代の女性史研究家。
明治44年9月3日生まれ。昭和7年岩波書店に入社。戦後,生活記録運動や思想の科学研究会の活動に参加し,聞き書きの手法で庶民生活の歴史を発掘,著述した。静岡県出身。実践女子専門学校(現実践女子大)卒。自伝に「1930年代を生きる」,共著に「引き裂かれて―母の戦争体験」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android