コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活記録運動 せいかつきろくうんどう

1件 の用語解説(生活記録運動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいかつきろくうんどう【生活記録運動】

農村や工場の青年,家庭の主婦の間で,生活をありのままに書き,仲間で読み合い,新しい生き方話し合うサークル活動。1950年代に盛んになり,全国各地に広がった。その源流は,大正から昭和の初めにかけて小学校の教師たちが児童に生活の現実を見つめさせ表現させた綴方教育にある。とくに1935年前後に東北地方の青年教師たちを中心として,国家統制や軍国主義の風潮に抵抗して行った生活綴方運動の伝統は,《山びこ学校》(無着成恭),《新しい綴方教室》(国分一太郎)のように第2次大戦後の運動に継承され,生活記録運動にも大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生活記録運動の関連キーワード家庭サザエさん汚水内職茅戸庭の訓一人親家庭家計支出三瓶孝子主婦の友社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生活記録運動の関連情報