コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活記録運動 せいかつきろくうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

せいかつきろくうんどう【生活記録運動】

農村や工場の青年,家庭の主婦の間で,生活をありのままに書き,仲間で読み合い,新しい生き方を話し合うサークル活動。1950年代に盛んになり,全国各地に広がった。その源流は,大正から昭和の初めにかけて小学校の教師たちが児童に生活の現実を見つめさせ表現させた綴方教育にある。とくに1935年前後に東北地方の青年教師たちを中心として,国家統制や軍国主義の風潮に抵抗して行った生活綴方運動の伝統は,《山びこ学校》(無着成恭),《新しい綴方教室》(国分一太郎)のように第2次大戦後の運動に継承され,生活記録運動にも大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android