コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠利 まきの ただとし

1件 の用語解説(牧野忠利の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠利 まきの-ただとし

1734-1755 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)19年9月21日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野貞通(さだみち)の8男。兄牧野忠敬(ただたか)の養子となり,寛延元年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家7代。学問,画をこのんだ。宝暦5年7月24日死去。22歳。通称は吉五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

牧野忠利の関連キーワード大久保教起相馬恕胤田村村顕土屋陳直貞佐(1)土井利庸土岐頼煕戸田氏之堀田正邦蘭室