コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠泰 まきの ただひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠泰 まきの-ただひろ

1845-1882 幕末-明治時代の大名。
弘化(こうか)2年9月16日生まれ。肥前福江藩(長崎県)藩主五島盛繁(もりしげ)の子五島盛保の3男で,盛繁の養子。越後(えちご)(新潟県)三根山(みねやま)領主牧野忠興(ただおき)の養子となり,安政4年家督をつぐ。文久3年6000石から1万1000石へ高直しされ諸侯に列した。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越列藩同盟にくわわる。明治3年藩名を峰岡藩と改称。明治15年8月1日死去。38歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧野忠泰の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android