物品貨幣(読み)ぶっぴんかへい(英語表記)commodity money

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物品貨幣
ぶっぴんかへい
commodity money

商品貨幣、貨物貨幣ともよばれる。紙幣や信用貨幣などと区別して、それ自体が価値をもついわゆる実体貨幣を意味し、金属貨幣を典型とするという理解もあるが、狭義には、商品交換のきわめて未発達な段階に、貨幣であると同時に商品として本来の用途にも用いられた貝殻、亀甲(きっこう)、塩、布、穀物、家畜、皮革などをさす。[齊藤 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android