物品貨幣(読み)ぶっぴんかへい(英語表記)commodity money

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物品貨幣
ぶっぴんかへい
commodity money

商品貨幣、貨物貨幣ともよばれる。紙幣や信用貨幣などと区別して、それ自体が価値をもついわゆる実体貨幣を意味し、金属貨幣を典型とするという理解もあるが、狭義には、商品交換のきわめて未発達な段階に、貨幣であると同時に商品として本来の用途にも用いられた貝殻、亀甲(きっこう)、塩、布、穀物、家畜、皮革などをさす。[齊藤 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android