コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属貨幣 きんぞくかへい coin

翻訳|coin

2件 の用語解説(金属貨幣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属貨幣
きんぞくかへい
coin

素材として金属を用いた貨幣で,硬貨とも呼ばれる貨幣経済の初期には貝殻,家畜,石塊,皮革などが貨幣として用いられていたが,次第に体積,重量に比べて価値が高く,分割や運搬が容易で耐久性に富み,品質が一定で価値の変動が少いという,貨幣に適する性質をもった金,銀,銅などの金属が貨幣として使用されるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属貨幣
きんぞくかへい

金属を素材とする貨幣をさし、素材価値を有することから紙券などと区別される。金属、とくに貴金属はその自然的属性が貨幣に適していたため、古くから貨幣として用いられた。当初は授受の際その品質を確かめ、目方を量って用いる秤量(ひょうりょう)貨幣であったが、しだいに一定の純分と重量をもつ鋳造貨幣へと発展した。[齊藤 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金属貨幣の関連キーワード硬貨複本位制度補助貨幣金属器時代金属主義正金鋳造貨幣軟貨鑞付け五百円玉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金属貨幣の関連情報