コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商品貨幣 しょうひんかへい commodity money

4件 の用語解説(商品貨幣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商品貨幣
しょうひんかへい
commodity money

概して商品経済の未発達な時代にみられた貨幣で,それ自身が商品であり,素材価値と同等の貨幣としての価値をもっているもの。物品貨幣,貨物貨幣,実物貨幣ともいう。貨幣として選ばれた商品は,それぞれの社会の歴史的,社会的事情によって異なるが,石,貝殻,布,家畜,穀物などであることが多かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうひん‐かへい〔シヤウヒンクワヘイ〕【商品貨幣】

財貨自体を貨幣として用いるもの。貝殻・獣皮・家畜・穀物・布帛(ふはく)など。物品貨幣。自然貨幣

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

商品貨幣【しょうひんかへい】

貨幣はその起源においては,貝殻,石,布帛(ふはく),金属等の財貨であり,その財貨の価値によって貨幣としての機能を果たした。この段階の貨幣を商品貨幣と呼ぶ。社会の発展に伴って,その財貨の価値以上に機能する補助貨幣,それ自体は価値をもたない銀行券紙幣等が出現してくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しょうひんかへい【商品貨幣】

商品自体を貨幣として用いるもの。歴史上、家畜・穀物・塩・貝など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の商品貨幣の言及

【貨幣】より

…ある人がその商品を取引決済の手段として受け入れるのは,その商品を別の人に決済手段として受け取ってもらえることを信じているからなのである。このような貨幣は商品貨幣と呼ばれる。商品貨幣として使われる財は,時代や地域によって千差万別であったが,最も重要な位置を占めつづけてきたのは,金を中心とする貴金属であった。…

※「商品貨幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

商品貨幣の関連キーワード狸掘り便利屋概して貨幣経済原始商品経済幼稚牙斧未発達な島弧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone