コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商品貨幣 しょうひんかへいcommodity money

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商品貨幣
しょうひんかへい
commodity money

概して商品経済の未発達な時代にみられた貨幣で,それ自身が商品であり,素材価値と同等の貨幣としての価値をもっているもの。物品貨幣,貨物貨幣,実物貨幣ともいう。貨幣として選ばれた商品は,それぞれの社会の歴史的,社会的事情によって異なるが,石,貝殻,布,家畜穀物などであることが多かった。商品経済の発展とともに,金属,とりわけ貴金属が用いられるようになり,19世紀以来は金が世界的な地位を獲得し,それ以後は金属貨幣と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうひん‐かへい〔シヤウヒンクワヘイ〕【商品貨幣】

財貨自体を貨幣として用いるもの。貝殻・獣皮・家畜・穀物・布帛(ふはく)など。物品貨幣。自然貨幣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

商品貨幣【しょうひんかへい】

貨幣はその起源においては,貝殻,石,布帛(ふはく),金属等の財貨であり,その財貨の価値によって貨幣としての機能を果たした。この段階の貨幣を商品貨幣と呼ぶ。社会の発展に伴って,その財貨の価値以上に機能する補助貨幣,それ自体は価値をもたない銀行券紙幣等が出現してくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうひんかへい【商品貨幣】

商品自体を貨幣として用いるもの。歴史上、家畜・穀物・塩・貝など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の商品貨幣の言及

【貨幣】より

…ある人がその商品を取引決済の手段として受け入れるのは,その商品を別の人に決済手段として受け取ってもらえることを信じているからなのである。このような貨幣は商品貨幣と呼ばれる。商品貨幣として使われる財は,時代や地域によって千差万別であったが,最も重要な位置を占めつづけてきたのは,金を中心とする貴金属であった。…

※「商品貨幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

商品貨幣の関連キーワード寺子屋(教育機関)地代(ちだい)カンティロン日本産業革命フランク王国経済学方法論生産物地代栃木(県)新経済政策朝鮮王朝都市国家物神崇拝荘園市場通商会社有形財産定期市歴史上物神性作間稼共同体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android