物着星(読み)モノキボシ

大辞林 第三版の解説

ものきぼし【物着星】

手指の爪にできた白い斑点。女性などは衣服を得る前兆として喜んだ。爪の星。 -形身をもらふ情なさ/柳多留 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ものき‐ぼし【物着星】

〘名〙 爪にできる白い斑点。婦人や子どもなどは衣服を得る前兆として喜ぶ。また、立身出世をするしるしともいう。
※雑俳・うたたね(1694)「着ぬ先に質にもくろむ物着星」
狂歌・吾妻曲狂歌文庫(1786)「ない袖のふられぬ身にはゆるせかし七夕づめの物きぼしでも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android