物語音読論(読み)ものがたりおんどくろん

百科事典マイペディア 「物語音読論」の意味・わかりやすい解説

物語音読論【ものがたりおんどくろん】

源氏物語》を中心として,物語の亨受とテクスト構造を問うた玉上琢弥の論(1950年―1955年)。《源氏物語》の草子地といわれる文章に,絵に見入る姫君傍らで物語を読み聞かせていた女房語り口痕跡を見出し,そこに当時の物語亨受のあり方と,《源氏物語》の〈昔物語〉に対する関係,そして作品内の語り手と物語の内部世界との関係などを読みとろうとした。《源氏物語評釈》に研究が集成された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android