コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物語音読論 ものがたりおんどくろん

1件 の用語解説(物語音読論の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

物語音読論【ものがたりおんどくろん】

源氏物語》を中心として,物語の亨受とテクストの構造を問うた玉上琢弥の論(1950年―1955年)。《源氏物語》の草子地といわれる文章に,絵に見入る姫君の傍らで物語を読み聞かせていた女房語り口の痕跡を見出し,そこに当時の物語亨受のあり方と,《源氏物語》の〈昔物語〉に対する関係,そして作品内の語り手と物語の内部世界との関係などを読みとろうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

物語音読論の関連キーワード葵の上擬古物語源氏物語玉の小櫛匂宮奥入源氏物語奥入源氏物語評釈湖月抄古物語源氏物語千年紀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone