コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物語音読論 ものがたりおんどくろん

百科事典マイペディアの解説

物語音読論【ものがたりおんどくろん】

源氏物語》を中心として,物語の亨受とテクストの構造を問うた玉上琢弥の論(1950年―1955年)。《源氏物語》の草子地といわれる文章に,絵に見入る姫君の傍らで物語を読み聞かせていた女房の語り口の痕跡を見出し,そこに当時の物語亨受のあり方と,《源氏物語》の〈昔物語〉に対する関係,そして作品内の語り手と物語の内部世界との関係などを読みとろうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android