コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別研究員制度 とくべつけんきゅういんせいど

2件 の用語解説(特別研究員制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

特別研究員制度

科学振興策の一環として、各国とも大学院の拡充と共に若手研究者の育成に力を注いでいる。日本でも1985年、米国のPDF(ポスト・ドクトラル・フェローシップ)制度をモデルに、大学院博士課程修了者(いわゆるOD=オーバードクター)、及び在学者を対象に、2〜3年間の研究奨励金を支給する制度が発足した。

(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産学連携キーワード辞典の解説

特別研究員制度

特別研究員制度」とは、優れた若手研究者の養成・確保を目的として、大学院博士課程在学者及び修了者等で、優れた研究能力を有し、大学その他の研究機関で研究に専念することを希望する者を日本学術振興会が「特別研究員」に採用し、研究奨励金を支給する制度。「特別研究員制度」の期間は2年から3年間で、その間、研究奨励金、及び研究費が支払われる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別研究員制度の関連キーワード大河内正敏フェローフェローシップ若手研究者育成事業海外特別研究員制度受託研究員特別研究員奨励費特別研究促進費特別推進研究若手研究

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特別研究員制度の関連情報