コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特山 とくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

特山 とくざん

1753-1837 江戸時代中期-後期の僧,陶工。
宝暦3年生まれ。江戸駒込(こまごめ)千駄木の浄土宗光源寺の住職。茶をこのみ,文政のころ近江(おうみ)(滋賀県)信楽(しがらき)の土をつかってみずから楽焼茶器をつくり,茶人に愛好された。天保(てんぽう)8年12月死去。85歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

特山の関連キーワード伊豆箱根の本地一谷嫩軍記釈迦の本地陳臭い施す陶工

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特山の関連情報