コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特性インピーダンス とくせいインピーダンス

百科事典マイペディアの解説

特性インピーダンス【とくせいインピーダンス】

伝送線路に固有な定数。無限線路の電圧,電流は送端から遠ざかるに従って振幅を減少するが,両者の振幅比は線路上どこでも一定。この比を特性インピーダンスという。線路の終端を特性インピーダンスに等しいインピーダンスの負荷をつなぐと,反射波を生じない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくせいインピーダンス【特性インピーダンス characteristic impedance】

分布定数回路のもっとも重要なパラメーターの一つで,線路を進行する波の電圧と電流との比。サージインピーダンスともいう。線路の単位長当りの長さ方向のインピーダンスをZ,線間のアドミタンスをYとすると,特性インピーダンスはであり,無損失線路,低損失線路では単位長当りのインダクタンスL,線間キャパシタンスCを用いてと表すことができる。特性インピーダンスの異なる線路を直接つなげたり,線路端に特性インピーダンスと異なるインピーダンスの負荷をつなぐと,そこで波の反射が起こるため,伝送波形に歪が生ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

特性インピーダンスの関連キーワードインピーダンス整合キャンベルの公式アドミタンス分布定数回路スミス図表減衰器波動

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android