コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特性曲線 とくせいきょくせんcharacteristic curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特性曲線
とくせいきょくせん
characteristic curve

(1) 装置または素子などの性質を入力と出力との関係で表わした曲線。たとえば,トランジスタではコレクタ・ベース間やコレクタ・エミッタ間の電圧とコレクタ電流の関係をエミッタ電流やベース電流ごとに表わした特性曲線が用いられる。
(2) 偏微分方程式からできる連立常微分方程式の解のことを呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とくせいきょくせん【特性曲線】

物質または特定の装置に外から与えた作用とそれに対する応答との関係を図示する曲線。応答が比例関係にない場合に利用する。例えば、ダイオードに加える電圧と流れる電流の関係を示す曲線など。また、物質の状態図などをもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

特性曲線の関連キーワードアストロガンマガンマ(写真)非オーム抵抗写真特性曲線ポジフィルムラチチュードダイオードサージング特性方程式負性抵抗バイアス探極法真空管物質検波応答

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android