コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特性曲線 とくせいきょくせんcharacteristic curve

2件 の用語解説(特性曲線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特性曲線
とくせいきょくせん
characteristic curve

(1) 装置または素子などの性質を入力と出力との関係で表わした曲線。たとえば,トランジスタではコレクタベース間やコレクタ・エミッタ間の電圧とコレクタ電流の関係をエミッタ電流やベース電流ごとに表わした特性曲線が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とくせいきょくせん【特性曲線】

物質または特定の装置に外から与えた作用とそれに対する応答との関係を図示する曲線。応答が比例関係にない場合に利用する。例えば、ダイオードに加える電圧と流れる電流の関係を示す曲線など。また、物質の状態図などをもいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特性曲線の関連情報