コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊土壌 とくしゅどじょう

2件 の用語解説(特殊土壌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特殊土壌
とくしゅどじょう

西南日本の気象災害の多い地域に分布する火山灰性のシラス,ボラ,コラアカホヤ,および花崗岩風化土などをいう。台風によって激甚な被害を起すおそれが多いので,特に特殊土壌として保護した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくしゅどじょう【特殊土壌】

シラス(南九州に分布する斜長石英粗面岩質の火山堆積物),ボラ(南九州に分布する軽石の俗称),コラ(鹿児島県薩摩半島南端に分布するやや固結した火山砂礫(されき)層),マサ(富士山周辺の火山砂礫層),アカホヤ,オンジ,イモゴと呼ばれる火山灰層などのように,特殊な火山噴出物および花コウ岩風化土,その他とくに侵食をうけやすい土壌をいう。九州,四国,中国を中心に分布するが,とくに南九州地方に広く分布する。特殊土壌地帯は侵食に弱く,豪雨時にはきわめて大きな被害をうけやすく,また農業の生産性も低いが,これらの土壌の排除または破砕により農業の生産性は著しく向上している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

特殊土壌の関連キーワード花崗石英粗面岩斜長石英粗面岩斜長流紋岩微球顆石英粗面岩フェルソ石英粗面岩粗面岩質デーサイトアルソ岩准粗面岩粗面斑岩ドーム岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特殊土壌の関連情報