コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象災害 きしょうさいがい meteorological disaster

6件 の用語解説(気象災害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気象災害
きしょうさいがい
meteorological disaster

気象が直接の原因で発生,あるいは拡大する災害。たとえば,豪雨による浸水害のように気象が直接の原因となる災害や,気候不順のため農作物の作柄悪化などのように間接的な災害があり,気象要素ごとに次のような災害がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きしょう‐さいがい〔キシヤウ‐〕【気象災害】

気象現象が主な原因となって生じる災害。洪水・風害・霜害・冷害・干害・雪害など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

気象災害【きしょうさいがい】

気象現象が主因となって起こる災害。長期間異常気象が続くために起こる冷害干害干ばつ,暖冬害,湿潤害。洪水などの大雨による水害,強風による風害,竜巻の害,風浪害や高潮の害,大雨と強風による風水害,特に日本では規模・回数が最大の台風災害。
→関連項目農業気象

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きしょうさいがい【気象災害】

大雨,強風,干ばつなどの異常な気象現象が原因となって生ずる災害をいうが,原因となる異常気象現象の種類や空間的・時間的規模およびそれによって被害を受ける対象によって種類は多岐にわたっている。 比較的激しい異常気象現象としては,強風,大雨,大雪(吹雪),降ひょう,砂あらし,黄砂などがあり,激しいというよりは持続的な異常気象現象としては,季節風,長雨,長期積雪,猛暑,干ばつ,冷夏,寒冬,暖冬などがある。これらの現象を起こす原因となり,天気図や気象衛星の雲分布などで見られるパターンには,台風,低気圧,梅雨前線高気圧の持続,冬型気圧配置などがあり,さらにそれより小規模の局地天気図やレーダーに現れるものとしては,竜巻,発達した雷雲などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きしょうさいがい【気象災害】

気象が主要な原因となって起こる災害。風水害・雪害・凍霜害・雹ひよう害・冷害・干害などの総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気象災害
きしょうさいがい

気象現象の変動によっておこる災害をいう。気温の著しい低下によって、冬には凍害や寒害が、春秋には霜害がおこる。冬に気温が高いときには、暖冬害もおこる。降水量が過多になれば水害を引き起こし、冬は豪雪となって、社会に多大な害を与える。強い風は風害となって、建造物などを破壊するばかりでなく、乾風害や潮風害となって農作物に害を及ぼす。また海上の強風は大波をおこし、海難や港湾を破壊する原因となる。湿度の低下は、異常乾燥を引き起こし、火災発生の原因となる。そのほか落雷、雹(ひょう)害、濃霧による交通事故など、それぞれの気象要素の変動による害は多い。しかし個々の気象要素というよりも、総合された気象要素がその原因となっている気象災害も多く、強風と豪雨による台風災害、低温と日照不足による冷害、少雨と強い日射による干害などはその例である。また気象病のように気象がその誘因として作用する障害も多い。
 大気汚染も、気象が直接の原因ではないが、海陸風の消長やオゾンなど、気象が大きく関連するので、気象災害の分野で扱うことが多い。また最近、世界的な気象の変動の結果、異常気象が大きな問題になってきている。これはアフリカの飢餓や世界の食糧や飼料の生産に大きく影響している。今後、この気候の変動の動向を、気象災害上の大きな問題として注目する必要がある。[安藤隆夫]
『高橋浩一郎著『気象災害論』(1966・地人書館) ▽畠山久尚編『防災科学シリーズ1 気象災害』(1966・共立出版) ▽倉嶋厚・青木孝著『防災担当者のための天気図の読み方』(1976・東京堂出版) ▽朝倉正著『異常気象に備える』(1981・日経新書) ▽宮沢清治著『現代の気象テクノロジー3 防災と気象』(1982・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気象災害の関連キーワード異常気象気象警報気象制御気象注意報自然災害地震前兆現象旱魃ロール現象ベッカー現象干ばつ(旱魃)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気象災害の関連情報