コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊黄銅 とくしゅおうどう modified brass

1件 の用語解説(特殊黄銅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特殊黄銅
とくしゅおうどう
modified brass

普通黄銅以外の黄銅系合金の総称。種類は非常に多い。 (1) 丹銅 低亜鉛黄銅 (亜鉛7~20%) で,赤みが強いのでその名があり,赤色真鍮ともいう。深絞り性がよいので絞り加工品に,色沢がよいので装身具,建築金具に,耐食性がよいので電気部品,バルブフランジなどに使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の特殊黄銅の言及

【銅合金】より

…とくに鉛を含むものは切削性が優れているので快削黄銅と呼ばれ,自動切削が普及するにつれて重要性が増している。 7‐3黄銅や4‐6黄銅に0.5~2%程度の添加元素を加えて改良した黄銅を特殊黄銅という。7‐3黄銅に約1%のスズを加えたものをアドミラルティ黄銅,4‐6黄銅に加えたものをネーバル黄銅といって,耐海水性がよく,船舶用や海水を使用する復水器用の管として使用してきたが,海水が汚染するにつれて腐食が問題となり,約2%のアルミニウムと少量のヒ素を添加したアルミニウム黄銅(アルブラック)が開発された。…

※「特殊黄銅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

特殊黄銅の関連キーワード黄銅耐食合金七三黄銅耐酸合金α黄銅黄銅系合金快削黄銅高力黄銅青銅系合金耐食性

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone