コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牽強 ケンキョウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐きょう〔‐キヤウ〕【×牽強】

[名](スル)道理に合わないことを無理にこじつけること。
「彼の『源語』をさえ―して勧懲主意なるものなりなど」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんきょう【牽強】

( 名 ) スル
道理に合わないことを無理にこじつけること。こじつけ。 「歴史上より論ずれば少しく-なりと雖も/希臘思潮を論ず 」 「彼の源語をさへ-して勧懲主意なるものなりなど/小説神髄 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

牽強の関連キーワード硏・乾・件・倦・倹・健・儉・兼・券・剣・劍・喧・圈・圏・堅・嫌・嶮・巻・建・憲・懸・拳・捲・検・権・檢・權・牽・犬・狷・献・獻・県・眷・瞼・研・硯・絢・絹・縣・繭・肩・虔・見・謙・譴・賢・軒・遣・鍵・間・険・險・顕・顯・験・驗ハント(William Holman Hunt)付会・附会鹿持雅澄山王神道郢書燕説こじつけ牽強付会付会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android