コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬目宿兵助 いぬめじゅく へいすけ

2件 の用語解説(犬目宿兵助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬目宿兵助 いぬめじゅく-へいすけ

1797-1867 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
寛政9年生まれ。甲州街道犬目宿(山梨県上野原町)の農民。天保(てんぽう)7年(1836)におきた甲州一揆下和田村次左衛門とともに指導する。事件後出奔し各地を流浪のすえ,上総(かずさ)(千葉県)木更津(きさらづ)にかくれ,のち帰郷した。慶応3年2月23日死去。71歳。姓は水越(みずこし)。名は「ひょうすけ」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犬目宿兵助
いぬめじゅくひょうすけ
(1797―1867)

江戸後期の義民。甲斐(かい)国(山梨県)都留(つる)郡の扇山(おうぎやま)の山腹にかかる甲州街道犬目宿の農民、水越(みずこし)姓水田屋市郎右衛門(みずたやいちろうえもん)の子。「甲州一揆(いっき)」の指導層の一人で、読み・書き・算術に長じ、下和田(しもわだ)村治左衛門(じざえもん)とともに、農民層の組織化、商人資本との交渉にあたる。1836年(天保7)8月22日、同国山梨郡熊野堂(くまのどう)村の小川奥右衛門方打毀(うちこわし)ののち出奔。武蔵(むさし)、上野(こうずけ)を経て北陸に出て、丹後(たんご)から瀬戸内の中国、四国、そして、畿内(きない)の各国を巡り、上総(かずさ)(千葉県)の木更津(きさらづ)に移り住んだ。40年代の末ころ帰郷、慶応(けいおう)3年2月23日死、71歳。宿内の宝勝寺に葬られる。法名「泰山瑞峰居士」。犬目宿の「本陣」岡部家は遠戚(えんせき)にあたり、兵助の「書置き」、「日記」、蔵書、財布などの遺筆、遺品を残す。[小林利久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

犬目宿兵助の関連キーワード蔀関月水越兵助農民文学藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone