コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どう ドウ

デジタル大辞泉の解説

どう[感]

[感]馬を制止するときに発するかけ声。「はいどうどう

どう[接頭]

[接頭]
名詞などに付いて、ののしる気持ちをこめていうのに用いる。
「や、いき掏盗(ずり)め、―ずりめ」〈浄・天の網島
名詞や形容詞に付いて、まさにそれに相当するものであることを強調していうのに用いる。
「―しぶとい女郎め、どうで一応ではぬかすまい」〈伎・児雷也〉
[補説]接頭語「ど」のもとの形かという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どう

( 感 )
牛馬を制する時の掛け声。「どうどう」とくりかえすことが多い。 「はいしい-、-」

どう

( 接頭 )
〔近世語〕
名詞・形容詞などに付いて、ののしる気持ちをこめる。 「や、いき掏盗ずりめ、-ずりめ/浄瑠璃・天の網島 」 「 -しぶとい女郎め/歌舞伎・児雷也」 〔接頭語「ど」のもとの形かという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のどうの言及

【漁具】より

…はえなわ釣具は,浮はえなわ具,底はえなわ具,立縄具に分けられる。こういった分類に加えて,餌をつけるかつけないか,また擬餌を使うかどうかでも分けられる。最近は自動イカ釣機やカツオ釣機も出現しているが,漁法の中で個人的な技能の熟練を最も必要とするのが釣りで,そのため対象により,漁場により,季節により,生物の生態に合わせてきめ細かいくふうが施される。…

※「どう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

どうの関連キーワード如何ともし難い如何はせんエソロジーどうなりとどうかして意向・意嚮如何とも何とした忠清南道平安南道黄道吉日如何せん手間だうどうともどうした青銅器革堂町どや顔人間道道有林

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どうの関連情報