コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂犬病予防法 きょうけんびょうよぼうほう

2件 の用語解説(狂犬病予防法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

狂犬病予防法【きょうけんびょうよぼうほう】

狂犬病の発生予防,まん延防止,撲滅により公衆衛生の向上および公共の福祉の増進を図る法律(1950年)。イヌの登録,鑑札の交付,予防注射,登録・鑑札のない,また注射を受けないイヌの狂犬病予防員による捕獲・抑留,獣医師の狂犬病届出義務・隔離義務などを規定。
→関連項目家畜法定伝染病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

狂犬病予防法

生後91日以上の犬を取得・飼育する場合は、30日以内に犬の登録を市町村長に申請しなければならないと規定。年1回の狂犬病の予防注射も義務づけている。違反した場合は20万円以下の罰金が科せられる。

(2010-09-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狂犬病予防法の言及

【イヌ(犬)】より

…発病した場合には,病巣面積が小さいうちに専門家の適切な治療を受けることがたいせつである。なお,狂犬病はあらゆる温血動物をおかす致死的な人獣共通伝染病であるが,日本では〈狂犬病予防法〉の施行に伴い,1956年以来,イヌの狂犬病は発生していない。
[登録]
 イヌの飼主は,〈狂犬病予防法〉(1950)の定めるところにより,イヌを取得した日(生後90日以内のイヌを取得した場合には,生後90日を経過した日)から30日以内にそのイヌの所在地を管轄する都道府県知事に市町村長(または区長)を経て飼いイヌの登録を申請しなければならない。…

【狂犬病】より

…ワクチンとしてはパスツールワクチン(1883年にパスツールが開発)をはじめ,数種があるが,副作用が強いため,あきらかに狂犬の咬傷を受けた場合や,流行地で野犬にかまれた場合に限られる。
[狂犬病予防法]
 1950年に狂犬病の予防とまんえんの防止を目的として制定された法律。(1)イヌの登録および鑑札制度と6ヵ月ごとの予防注射,(2)狂犬病についての獣医師の届出義務および隔離義務,(3)浮浪犬の抑留およびその処分,などが定められている。…

※「狂犬病予防法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狂犬病予防法の関連キーワード狂犬病検疫パスツール予防医学予防接種家畜伝染病予防法狂犬野犬狩特定疾病発生予察事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狂犬病予防法の関連情報