コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂犬病 きょうけんびょうrabies; hydrophobia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂犬病
きょうけんびょう
rabies; hydrophobia

狂犬病ウイルス感染による中枢神経系感染症恐水病ともいう。発病するとほぼ 100%死亡し,治療法がない。感染源イヌ以外に,アライグマ,キツネ,マングースなどの哺乳類。感染した動物の唾液からヒトその他の哺乳類に伝染する。狂犬病ウイルスは向神経性ウイルスの一種で,毒性が強く,発病すると独特の神経症状を呈する。潜伏期は9日から数年で,通常は 20日から 60日程度。発病率は 32~64%。症状は頭痛,不快感,焦燥などの前期を経て,発熱,興奮期に入る。嚥下筋や呼吸筋の興奮が強く,水を飲むとき,または水を見るだけでも嚥下筋のけいれんを起こすために,恐水病といわれた。麻痺期,昏睡期を経て呼吸麻痺が起こって死亡する。長い間治療方法がなかったが,1885年フランスのルイ・パスツールが,初めて狂犬病ワクチンの製造に成功。日本では 1957年以降,狂犬病が発生していなかったが,1970年にネパールで感染した患者1人,2006年にフィリピンで感染した患者2人が帰国後に死亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうけん‐びょう〔キヤウケンビヤウ〕【狂犬病】

人畜共通の感染症。感染症予防法の4類感染症、家畜伝染病予防法監視伝染病家畜伝染病)の一。病原体は狂犬病ウイルスで、人への感染は病獣(犬、オオカミ、キツネなど)の咬み傷などから発症する。神経系を冒され、興奮状態となり、よだれを流し、全身の痙攣(けいれん)・麻痺(まひ)を起こして死に至る。反射が亢進し、水を飲んだり見たりするとのどに痛みを伴う痙攣が起こるので、恐水病ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

狂犬病【きょうけんびょう】

元来はイヌのウイルス性伝染病で,病犬にかまれることによりヒトに伝染する。潜伏期は15〜60日とされ,神経系統を冒され,昏睡(こんすい)に陥り,発病すれば4〜5日でほとんど死亡する。
→関連項目ウイルス病家畜法定伝染病感染症予防法狂犬病予防法検疫人獣共通伝染病届出伝染病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

狂犬病

 中枢神経系の急性の感染症で哺乳類のほとんどが感染する.イヌ,ネコなどから感染することが多い.ラブドウイルス科リサウイルス属のウイルス[Formido inexorabilis]が原因,生命の危険が大きい.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうけんびょう【狂犬病 rabies】

狂犬病ウイルスによって起こる感染症。哺乳類,主としてイヌにみられ,ヒトはイヌなどによる咬傷から感染する。現在,日本ではほとんどみられないが,いったん発病すれば,その症状は悲惨で致命的な病気であるため,古くから恐れられた。イヌ以外にはネコ,ウマ,ウシ,ブタ,オオカミ,コウモリなどにもみられ,これらが感染源となる。病原体はラブドウイルスRabdovirusに属する長さ175nmのRNAウイルスで,薬品などに対する抵抗性はきわめて弱い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうけんびょう【狂犬病】

感染症の一。病原はウイルスで、元来は犬の疾患であるが、罹患りかんした犬にかまれると唾液を介して、人畜にも感染する。中枢神経がおかされ、興奮狂躁きようそう状態となったり、唾液分泌亢進こうしん・痙攣けいれん・幻覚・恐水発作などを起こし、全身麻痺まひでほとんどすべて死亡する。恐水病。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂犬病
きょうけんびょう
rabies

いったん発病すると中枢神経が侵されて数日間で死亡する疾患。人獣共通感染症の一つで、恐水病hydrophobiaともよばれ、「感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)では4類感染症に分類されている。また、日本では従来、イヌのみが狂犬病予防法の対象であったが、1999年(平成11)からネコ、アライグマ、キツネおよびスカンクも輸出入検疫が実施されることになった。これは日本を含むごく一部の国を除いて、世界各地で現在なおイヌやネコ、その他の野生動物の間で流行がみられ、狂犬病にかかっている病獣による被害者や死亡者が多数報告されているからである。[柳下徳雄]

感染

病原体は狂犬病ウイルスで、人への感染は病獣(多くはイヌ)の咬傷(こうしょう)によっておこる。諸外国ではおもに野犬、オオカミ、キツネに病獣が多く、地域によっては他の動物、たとえばインドのジャッカルやマングースなど、北米のコヨーテやジャコウネコなど、中南米ではコウモリなども加わる。これらの感染動物のうち、あるものは発病し、残りの多くのものは不顕性感染の形でおもに唾液腺(だえきせん)内に狂犬病ウイルスをもっている。[柳下徳雄]

発病

発病率は5~50%とまちまちで、潜伏期も一定せず、ウイルスの量、咬傷の深さ、咬傷部の神経の疎密、咬傷部位などによって影響される。たとえば顔面など脳に近い咬傷部位の場合は潜伏期間が短く、下肢など脳から遠い場合は長い。一般に2~8週間、まれに1年以上の場合もある。[柳下徳雄]

症状

まず咬傷部位から中枢に向かって放散する神経痛のようなだるい感じと、わけもなく不安感にとらわれ、不眠や食欲不振がみられる。また瞳孔(どうこう)散大、唾液の分泌過多、発汗などもおこる。この前駆期(2、3日)を経て興奮期に入ると、体温が38℃くらいになって不安な興奮状態が激しくなる。また、よだれを流し、嚥下(えんげ)困難、呼吸困難、知覚異常などもみられる。とくに、この時期の特徴は、光、音、水を飲むことなどの刺激で咽頭(いんとう)の筋肉から胸にかけて激痛を伴うけいれんがおこる。これは延髄の嚥下中枢の異常な反射亢進(こうしん)によるもので、水を見てもけいれんするようになる。この特有の症状から恐水病とよばれた。この発作はしだいに頻発してくるが、2、3日すると麻痺(まひ)期に入り、発作が減退して沈静期がしだいに長くなる。続いて咬傷部位と関係のある筋肉の麻痺がおこり、動眼筋や表情筋、咬筋、四肢とくに下肢の麻痺も現れ、意識が混濁して発病後4、5日で呼吸麻痺のため窒息死する。まれに麻痺型といって、興奮期のけいれん発作が現れないまま運動麻痺や知覚麻痺がいきなり現れ急速に死亡することもある。[柳下徳雄]

治療と予防

発病すればかならず死亡する疾患であるから、咬傷を受けてから発病するまでの間に行われる発病阻止の処置にすべてがかかっている。咬傷部はただちに水またはせっけん液でよく洗い、十分に消毒し、傷が深ければ切除または焼灼(しょうしゃく)し、傷は開放したままで縫合しない。狂犬病のイヌなどを診断、あるいは疑う場合、獣医師はただちに保健所に届けることになっている。患者にはワクチンを注射して発病を阻止する。狂犬病発生地域へ渡航する場合には、予防注射が行われる。なお、狂犬病ワクチンは1980年(昭和55)より乾燥組織培養不活化ワクチンが使われるようになり、かつて重大な副反応として恐れられた狂犬病ワクチン後麻痺などのおそれはなくなった。[柳下徳雄]

発生状況

日本では第二次世界大戦後の一時期、狂犬病の大流行があり、毎年数百頭の野犬に発生し、イヌにかまれて狂犬病のため死亡した人も数十人を数えるほどであった。かくして1950年(昭和25)に狂犬病予防法が公布され、以後は急速に減少して1957年以来まったく発生していない。しかし、外国旅行からの帰国者で発病死した例が1970年と2006年(平成18)にある。近隣諸国の予防対策はかならずしも十分ではなく、海外で感染した人や動物が入国する可能性にも十分注意をはらうべきである。
 世界的にみると、日本、ハワイ、オーストラリア、イギリス、スカンジナビア半島では、家畜の予防接種その他によって病獣がまったくいなくなったが、大陸やジャングルに続いている諸国では、奥地の病原保有動物の対策が不可能なため、罹患(りかん)した野生動物から家畜やヒトがしばしば感染している。すなわち、東南アジア、インド、パキスタン、中近東、中央アジア、アフリカおよび南北アメリカ大陸のいずれにも病獣が存在し、毎年患者を出している。とくに、タイ、フィリピン、ミャンマー(ビルマ)などには病獣が多く、死亡者も毎年100人を超えている。[柳下徳雄]

狂犬病予防法

1950年に公布された(昭和25年法律第247号)。狂犬病の発生を予防し、その蔓延(まんえん)を防止し、これを撲滅することを目的とするものである。本法では、発生予防のためには、イヌの登録および鑑札の制度、毎年1回の予防注射(1985年改正。それ以前は年2回)ならびに浮浪犬の抑留や処分が定められ、早期発見や蔓延防止のためには、獣医師の届出義務および隔離義務、イヌの係留命令、係留されていないイヌの抑留、緊急予防注射の実施、運動の禁止、移動の制限および交通の遮断などが定められている。さらに厚生労働大臣は、狂犬病の蔓延の防止および撲滅のため緊急の必要があると認めたときは、地域および期間を限って一定の措置の実施を命ずることができるものとされている。また、公務員および獣医師の予防員に対する協力義務および都道府県の抑留未登録犬、未注射犬、浮浪犬などのための抑留所設置義務などについても規定されている。なお、検疫を受けないイヌ等の輸出入者、届出義務や隔離義務の違反に対しては30万円以下の罰金、登録義務や予防注射を受けるべき義務の違反に対しては20万円以下の罰金が科せられる。[柳下徳雄]

イヌの狂犬病

狂犬病ウイルスの感染による伝染病で、感受性の高い動物は齧歯(げっし)類(リスやネズミの仲間)であるが、ネコ、ウシ、イヌはこれと同程度とみられ、ヒツジやヒトはイヌよりも低いとされている。病原体はラブドウイルスで、弾丸形の粒子の長径は170ナノメートル、短径は約70ナノメートルである。この感染力は脂肪溶媒や低pH下で失われる。
 発病までの潜伏期間は通常3週間とされているが、大部分の動物種では2週間から数か月とさまざまである。咬傷によって侵入したウイルスは局所の筋肉細胞内で増殖し、付近の知覚神経末端を通じ、脊髄(せきずい)交感神経に達する。短時間で脊髄から脳幹部に至り、神経細胞内で増え、細胞質内封入体となる。
 発病前駆期は情緒不安、異嗜(いし)(普段と異なる物に興味を示す)などがみられ、唾液が多くなり、この中にウイルスが含まれる。1、2日後には異常な鳴き声でほえながら路上を迷走したり、なんにでもかみつく。のどが麻痺し、舌を口外に垂らしてよだれを流し、顔だちが険悪となる。やがて麻痺期に入り、後半身から全身に及んで起立不能となり、昏睡(こんすい)死する。発病期間は平均5日とされ、致死率は100%である。
 予防には不活化ワクチンが用いられる。この予防注射は狂犬病の発生防止のため、狂犬病予防法によりイヌの登録などとともに義務づけられている。[本好茂一]
『厚生省生活衛生局編『狂犬病予防ガイドライン』(1993・中央法規出版) ▽高山直秀著『ヒトの狂犬病――忘れられた死の病』(2000・時空出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の狂犬病の言及

【イヌ(犬)】より

…発病した場合には,病巣面積が小さいうちに専門家の適切な治療を受けることがたいせつである。なお,狂犬病はあらゆる温血動物をおかす致死的な人獣共通伝染病であるが,日本では〈狂犬病予防法〉の施行に伴い,1956年以来,イヌの狂犬病は発生していない。
[登録]
 イヌの飼主は,〈狂犬病予防法〉(1950)の定めるところにより,イヌを取得した日(生後90日以内のイヌを取得した場合には,生後90日を経過した日)から30日以内にそのイヌの所在地を管轄する都道府県知事に市町村長(または区長)を経て飼いイヌの登録を申請しなければならない。…

【家畜法定伝染病】より

…またこれらの伝染病の疑いのある病畜はすみやかに隔離しなくてはならず,病気のまんえんを防ぐため,市町村長は当該家畜の移動の禁止をはかり,殺さなくてはならない場合もある。 イヌの狂犬病については,別に〈狂犬病予防法〉を定めており,イヌの狂犬病に限ってこの法律の適用をきめている。しかし厚生大臣は,イヌ,ウシ,ウマ,メンヨウ,ヤギ,ブタ,ニワトリ,アヒル以外の動物に狂犬病が発生して公衆衛生に重大な影響があるときは,動物の種類,期間および地域を指定してこの法律の一部準用ができるとしている。…

※「狂犬病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狂犬病の関連キーワード犬・猫からうつる病気自治体の公務員獣医師野良犬・猫の殺処分野犬狩り・野犬狩ペットの検疫制度狂犬病(恐水病)パスツール研究所スネークファーム動物由来感染症細胞封入体科学者の道ネグリ小体再興感染症助川喜四郎ホーズリー動物検疫血吸蝙蝠疑似患畜斎藤謙郎畜犬登録

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂犬病の関連情報