狎客(読み)コウカク

大辞林 第三版の解説

こうかく【狎客】

なじみの客。 「いやー珍客だね。僕の様な-になると苦沙弥は兎角粗略にしたがつていかん/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐かく カフ‥【狎客】

〘名〙
① 近くにあって親しく仕える者。また、たいこもち。男芸者。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※明六雑誌‐三五号(1875)天降説〈阪谷素〉「狭斜に入て狎客幇間となり」 〔陳書‐江総伝〕
② なれ親しんでいる者。なじみの客。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「必ず一二の狎客有って、而して若干の月金を賜ふ」 〔東京夢華録‐駕回儀衛〕

こう‐きゃく カフ‥【狎客】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の狎客の言及

【江総】より

…563年(天嘉4),都に帰還。陳の後主の時代には尚書令にまで進み,また宮中のサロンを形成したデカダンの文人たち,いわゆる〈狎客(おうきやく)〉の中心的存在となったが,陳が隋に滅ぼされると,長安に移されて死亡。【吉川 忠夫】。…

※「狎客」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる