コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐狩 きつねがりfox hunting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狐狩
きつねがり
fox hunting

狐を狩るハンティング。小物猟の一種。狩猟には,毛皮を傷つけないために銃はなるべく避け,とらばさみなどのを用いる。イギリスでは 17世紀後半よりおもに貴族の間で乗馬を兼ねたスポーツとして行われた。馬に乗った多数の人が狩猟犬を駆使してを追いつめ捕獲するものであるが,現在ではむしろ馬や犬を訓練するのが一義的となってきた。この方法は,ドイツではスポーツマンシップに反するとして禁じられている。日本では狐狩という特別な狩猟形態はなく,主として罠で捕獲する程度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きつね‐がり【×狐狩(り)】

キツネを狩ること。特に、英国貴族が好んで行う狩猟のこと。派手な狩猟服を着た騎馬の集団が猟犬を追い立て、キツネをかみ殺させるもので、17世紀以降スポーツとして確立。フォックスハンティング。
[補説]2004年、英国下院が「狐狩り禁止法」を成立。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

狐狩の関連キーワードシーグフリード・L. サスーンノーサンプトンシャー県フォックスハウンドフォックステリアラトランド坪田 譲治メルトン坪田譲治

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android