狩猟採集文化(読み)しゅりょうさいしゅうぶんか(英語表記)hunting and gathering culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「狩猟採集文化」の解説

狩猟採集文化
しゅりょうさいしゅうぶんか
hunting and gathering culture

自然物の狩猟採集を生活基盤とした社会の文化。農耕の始まる新石器時代までの原始的な文化形態で,昆虫類の幼虫や植物の芽,芯,根茎などの採集には掘棒石斧石包丁などの道具を用い,ノネズミから野牛などの動物の狩猟には投槍器弓矢棍棒吹き矢ブーメランなどの道具が使用された。社会組織はおおむね単純で,バンドと呼ばれる家族単位の群団を形成して移動生活を営むものが多いが,オーストラリア先住民には複雑な機構の氏族組織もみられる。また神話呪術など特徴ある文化をもつ。(→狩猟採集民

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android