コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野勝玉 かのう しょうぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野勝玉 かのう-しょうぎょく

1840-1891 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)11年2月生まれ。深川水場町狩野家の狩野貞信(梅春)の子。狩野雅信(ただのぶ)にまなぶ。維新後,内務省地理局雇となり,外国におくる屏風(びょうぶ)などを制作。またフェノロサの新日本画創造運動にもくわわり,狩野芳崖(ほうがい),橋本雅邦,木村立岳(りゅうがく)とともに勝川院門下の四天王とよばれた。明治24年1月16日死去。52歳。駿河(するが)(静岡県)出身。名は昭信。作品に「山水人物」「花鳥」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野勝玉の関連キーワードアヘン戦争アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流落合直澄ブース落合直澄

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone