コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野春賀 かのう しゅんが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野春賀 かのう-しゅんが

?-1751* 江戸時代中期の画家。
狩野春湖の子。寛延2年(1749)宮川長春の一派をふくむ一門で日光東照宮修復事業に参加したが,その画料を着服し,3年12月29日長春の弟子らによって殺害された。この件で子の全信も八丈島流罪となり,稲荷橋狩野家は断絶した。名は理信。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野春賀の関連キーワード狩野春湖宮川一笑

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android