コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野秀頼 かのうひでより

3件 の用語解説(狩野秀頼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野秀頼
かのうひでより

室町時代末期~桃山時代初期の画家。従来,狩野元信の次男 (乗信) とされていたが,最近では早世した乗信の子,真笑と同一人で,元信の孫にあたるとする説が有力。治部と称する。遺作は近世風俗画の先駆的作品である国宝『高雄観楓図屏風』 (東京国立博物館) のほか,『渡唐天神図』『虎渓三笑図』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野秀頼 かのう-ひでより

?-? 戦国-織豊時代の画家。
狩野元信の次男。永禄(えいろく)-天正(てんしょう)(1558-92)のころに活躍した。作品に近世初期風俗画を代表する「高雄観楓(かんぷう)図屏風」がある。号は承真,乗真。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野秀頼

生年:生没年不詳
室町・安土桃山時代の狩野派の画家。「秀頼」印を捺す作品がいくつか遺っているが,その伝歴については不明の点が多い。狩野元信の次男で元信に先立って死去したという説(『本朝画史』)と,元信の孫の真笑とする説とに分かれるが,永禄12(1569)年の年紀がある「神馬図額」(島根県賀茂神社蔵)を描いており,元信没後まで活躍していたことは疑いなく,元信の孫の可能性が高い。代表作に近世初期風俗画中最高の傑作のひとつ「高雄観楓図屏風」(東京国立博物館蔵)がある。<参考文献>辻惟雄「狩野秀頼考」(『国華』986号)

(榊原悟)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狩野秀頼の言及

【安土桃山時代美術】より

… 1600年代に入ってからの注目すべきもう一つの傾向は,風俗画の盛行である。前期の永徳画《洛中洛外図屛風》や,狩野秀頼の《高雄観楓図屛風》(東京国立博物館)などのあとをうけて,後期でも狩野派が風俗画制作にめざましく活躍した。狩野内膳筆《豊国祭礼図屛風》(豊国神社),狩野長信の《花下遊楽図屛風》(東京国立博物館)などは現世の享楽を素直に肯定しようとする人々の生活態度が反映されている。…

【狩野派】より

…室町中期から明治初期まで続いた,日本画の最も代表的な流派。15世紀中ごろに室町幕府の御用絵師的な地位についた狩野正信を始祖とする。正信は俗人の専門画家でやまと絵と漢画の両方を手がけ,とくに漢画において時流に即してその内容を平明なものにした。流派としての基礎を築いたのは正信の子の元信である。漢画の表現力にやまと絵の彩色を加えた明快で装飾的な画面は,当時の好みを反映させたものであり,また工房を組織しての共同制作は数多い障壁画制作にかなうものであった。…

※「狩野秀頼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狩野秀頼の関連キーワード狩野秀信狩野休圓長谷川常時文閑山野守嗣狩野養長狩野元俊狩野令信安土桃山時代狩野派

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野秀頼の関連情報