コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高雄観楓図屏風 たかおかんぷうずびょうぶ

百科事典マイペディアの解説

高雄観楓図屏風【たかおかんぷうずびょうぶ】

京都郊外の秋と冬の風物を描いた六曲一隻屏風。手前に高雄の紅葉を愛(め)でる男女を描き,遠景に雪の愛宕(あたご)山を配する。作者の狩野秀頼は伝記不詳だが,この絵は永禄年間の作と推定され,狩野派による近世初期風俗画の最も早い時期の遺品として貴重。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

高雄観楓図屏風の関連キーワード近世初期風俗画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android