コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高雄観楓図屏風 たかおかんぷうずびょうぶ

1件 の用語解説(高雄観楓図屏風の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高雄観楓図屏風【たかおかんぷうずびょうぶ】

京都郊外の秋と冬の風物を描いた六曲一隻屏風。手前に高雄の紅葉を愛(め)でる男女を描き,遠景に雪の愛宕(あたご)山を配する。作者の狩野秀頼は伝記不詳だが,この絵は永禄年間の作と推定され,狩野派による近世初期風俗画の最も早い時期の遺品として貴重。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

高雄観楓図屏風の関連キーワード一遍上人絵伝四季絵彦根屏風洛中洛外図一隻岸の柳景物詩風月風物清明上河

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone