独墺同盟(読み)どくおうどうめい(英語表記)Zweibund

旺文社世界史事典 三訂版「独墺同盟」の解説

独墺同盟
どくおうどうめい
Zweibund

1879年に成立した,ビスマルク体制一環をなす対ロシア軍事同盟
ベルリン会議の結果,ロシアの反ドイツ的傾向が強まって1873年の三帝同盟が弱体化したのに対処して結ばれた。両国一方がロシアから攻撃されたとき,両国は共同して戦い,他の強国に攻撃されたときは,好意的中立を守ることなどを約した。三国同盟とは別個に更新され,1918年まで続いた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「独墺同盟」の解説

独墺同盟
どくおうどうめい

「ドイツ=オーストリア同盟」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の独墺同盟の言及

【ドイツ・オーストリア同盟】より

…1879‐1918年,ドイツとオーストリアの間に存続した対ロシア防御同盟。単に二国同盟Zweibundとも,また独墺同盟ともよばれる。1878年ベルリン会議以後,ドイツとロシアとの関係が悪化したので,ビスマルクはオーストリアとの結合を強め,79年10月7日,両国間の秘密軍事同盟がウィーンで調印された。…

※「独墺同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android