コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独潭清澄 どくたん せいちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独潭清澄 どくたん-せいちょう

1681-1749 琉球の僧。
尚貞王13年生まれ。臨済(りんざい)宗。祥氏潮平(しおひら)家の出身。徳叟宗智(とくそう-そうち)について出家,25歳で日本にわたり15年間修行,京都妙心寺首座(しゅそ)となる。のち帰国して,崇元(そうげん)寺,天界寺,円覚寺住持をつとめた。尚敬王37年9月24日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

独潭清澄の関連キーワード尚貞王

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android