コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立国家共同体集団安全保障条約 どくりつこっかきょうどうたいしゅうだんあんぜんほしょうじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独立国家共同体集団安全保障条約
どくりつこっかきょうどうたいしゅうだんあんぜんほしょうじょうやく

独立国家共同体 CISのうちの6ヵ国,ロシア,カザフスタン,アルメニア,ウズベキスタン,タジキスタン,キルギスが 1992年5月,ウズベキスタンのタシケントで開催された CIS首脳会議で結成した北大西洋条約機構 NATO型の集団安全保障機構。これは,CIS合同軍構想が崩れたあとに,それに代わるものとしてロシアによって提案されたものだが,ウクライナ,ベラルーシなど5ヵ国はロシア主導を警戒して未加盟となった。 1993年6月にベラルーシが加盟。その後,アゼルバイジャンジョージア(グルジア)が加盟し9ヵ国体制となったが,1999年アゼルバイジャン,ウズベキスタン,ジョージアの3国が脱退した。加盟国は互いに武力の行使や威嚇を控え,他の加盟国に敵対する軍事同盟に加わらない,などの内容となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

独立国家共同体集団安全保障条約の関連キーワード独立国家共同体CIS共役脂肪酸CIS集団安全保障条約ロシア・中央アジア圏の新潮流CIS軍創設CIS平和維持軍CIS経済同盟トルクメニスタントルクメニスタン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android